トップ

自動車に関する情報

自動車について覚えよう

自動車の走行距離について

愛車を大切にしていて、長い間乗り続けたいと思う人もいると思います。自動車を長く乗り続ける上で気になることといえば、走行距離ですが、ここでは走行距離が多くなると気をつけないといけない事について説明します。最近では、昔から比べると技術が大きく進歩したことにより、自動車の寿命も長くなりました。しかしながら、長い間乗っていると定期的交換が必要になってくる部品があります。ファンベルトやタイミングベルト等、エンジンに関わる部品や、ブッシュ等のゴム類が挙げられます。交換を推奨される距離に達している場合には故障を防ぐために部品の交換が必要となります。愛車に長く乗り続ける為には、走った距離に応じてのケアも必要だということになります。

マイカーの走行距離と寿命

かつて、自動車の走行距離は10万キロが寿命と言われました。10万キロを超えると、エンジンや足回り、ベルト関係などが寿命を迎え、いろいろと不具合が生じ始めるからです。中古車として売る場合でも、10万キロを超えると買取価格は大きく減額される可能性があります。ただ、現代の自動車は耐久性が大幅にアップしているので、10万キロ程度でエンジンが寿命を迎えることはまずありません。足回りも多少硬くなってきますが、毎日乗っているとドライバーはほとんど気が付かないことでしょう。もちろん、サスペンションなどの消耗部品を交換することで快適な乗り心地を取り戻すことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 自動車について覚えよう. All rights reserved.